秋田県大潟村産 有機米 あきたこまち/かやもり農産の有機米 あきたこまちの産直サイトです
ホーム商品一覧注文方法送  料年間予約 ∥ 有機米とは ∥ 智通エクセル農法 ∥ お問合せ

 商品一覧
 注文・支払方法
 送料について
 年間予約
 法規表示
 有機米ってなに?
 智通エクセル農法とは
 合鴨君も頑張ってるよ
 有機玄米を食べて健康に
   なろう
安全・安心の
JAS認定有機米
 
   
   JASマークです
 作業風景
 どじょっこだより
 お客様の声
 理想的なバランス食
 美味しいごはんの炊き方

 ごあいさつ

 リンク集

 個人情報保護法

 お問合せ
有機玄米を食べて健康になろう
*** 玄米食が健康にとってどの様にいいのか ***

1 全体食である

 日本で作られているお米は、穀物の中で最も栄養バランスが良い。食品には、炭水化物、タンパク、脂肪、ビタミン類、ミネラル、その他微量要素などがバランスよく含まれていることが大切です。

2 食物繊維が多い

玄米はあらゆる食品の中でも、食物繊維が多く含まれています。食物繊維は、腸の中で、人体にとって化学物質など必要のない物を吸着し、体外へ排出されます。この働きも腸内細菌によって行われており、玄米は腸内の善玉菌を多くする働きがあります。

3 副食を多く取らなくてすむ

 玄米は完全食品です。ですから、みそ汁とおかず少々で十分です。おかずを多く食べることにより、農薬や食品添加物を体内に多く取り入れることになります。

4 消化に時間がかかる

 消化に時間がかかる事はいい事です。消化のいい食品は血糖値を上げるため脂肪になりやすく、太る原因の一つとも考えられます。玄米は腸内の微生物バランスを整え、便秘解消にもなります。


 以上のようなことが考えられます。また、おいしくないと思われますが、よく噛んでゆっくり食事するようにすれば慣れてきます。

 普通栽培の玄米は、物によっては粘りがなく、農薬の問題もあります。
有機米は生命力もあり、波動値も高いレベルの数値がでます。粘りもあり慣れると違和感は無くなってきます。

 かやもり農産
では、有機栽培にて20年以上経過しています。
 乳酸菌エキスや光合成細菌を使って、根圏微生物のバランスを整え、稲が健全に育つようにしています。

 有機JAS認定です。


 ( 参 考 ) 栽培方法の違い

1 有機栽培
 有機JASマーク入りは、化学肥料、農薬を使用しないで栽培したもので、1~2年目は有機転換中です。3年目から、ほんとの有機農産物となる。有機JAS認定品であっても、認証団体や生産者によって多少の違いはあるが、安全性は高い。

2 特別栽培
 単年度認証です。化学肥料、農薬の使用量が普通栽培の50%以下である事。有機栽培に近い物もあるが、普通栽培に近いものが多い。農薬名を書いてあるが、よく分からないので、生産者個々にたずねるしかない。

3 普通栽培
 化学肥料、農薬を使用して栽培された農産物。ポストハーベストの可能性はあるものの表示義務はない。残留農薬は基準値以下で流通できる。